心とカラダの健康メソッド

心身の健康、毎日楽しい日々を過ごすために食生活や元気になる言葉、人間科学・医学要素も取り入れた記事を載せていきます。

挨拶は壁を無くす!しかし、無理強いは禁物

「おはようございます!」と、元気に挨拶されたら、あなたは同じようなテンションで挨拶を返すことができますか?知人の会社では「挨拶部隊」が会社のエントランスに並び、出勤してくる社員達に元気な声で挨拶をするそうです。

f:id:yuichi0519:20190210195212j:plain

挨拶部隊を作った理由は社員を元気にするため

「挨拶部隊」を作ったのは社長。

挨拶は仕事の始まり。

挨拶がしっかりできないのに、仕事が上手くいくはずがない。

社員に元気が足りないのは挨拶が足りないから。

そんなところから始まったそうです。

元気な挨拶をすれば同等の挨拶が返ってくる

多くの場合、元気に、大きな声で挨拶をすれば、同じ程度のテンションで挨拶が返ってくるそうです。

毎朝の挨拶を続けることで「会社全体の雰囲気が変わった」「明るくなった」と、社長。この実績を他の企業に回って公演もしているそうです。

 

たとえ挨拶を返したとしても、小さい声ではダメ。もし、そんな挨拶をしたら「元気ないね!何か困ったことでもあるの?」と、面談じみたことが始まるそうです。そこからプライベートなところにまで首を突っ込んでくるらしいです。…えっ⁈

挨拶は良い。しかし、プライベートまで入り込むのは辞めよう

挨拶をしても挨拶が返ってこなかったり、しかめっ面の場合は、何か辛いこと、問題を抱えているということです。

社員が元気がないからと言って、他の社員に色々と詮索するのはあまり良くはないでしょう。

また、挨拶をしないからと言って、「あいつはクビだ!」とか言うのは良識から外れた発言だと思います。

元気な挨拶を習慣付けることは良いことだと思いますが、無理強いしてまですることはないでしょう。

行列のできるラーメン屋は挨拶上手

私が東京に住んでいた時、友達とよく「行列のできるラーメン屋」に行ったものです。

そこでは必ずと言って良いほど、威勢の良い「いらっしゃいませっ‼︎」が飛び交っていました。どんなに忙しくても従業員全員が「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を欠かしません。味が美味しいのはもちろんですが、活気のある場所に人は食べにくるものですね(時と場合によっては落ち着いた場所が好まれもしますが…)

昨日の敵は朝の挨拶で今日の友となる

社内で議論が白熱した時、なんだか気まずくなることってないですか?うちの職場ではよくあること(汗)

その後の時間、当事者たちは引きずったりしますが、次の日には元気に挨拶を交わしています。

もちろん不満が完全に消えた訳ではないでしょう。しかし、気持ちを切り替えて挨拶をすることは、今日という一日を共に乗り越えていく上で大事なことだと思います。

 

挨拶を上手く使って、良い社内環境を築いていきましょう!