心とカラダの健康メソッド

仕事や生活の中で溜まる心とカラダのストレスを抜いて、本当の健康を楽しむブログ

勉強のやる気が出ない時に試してほしいモチベーションを上げる方法


f:id:yuichi0519:20191109222238j:image

「ゼッタイ試験に合格してみせる!」

そんなことを言っておきながら、手が止まっていませんか?

いくら「受かりたい」という思いが強くても、人の考えにはアップダウンがつきもの。

漫画のように不屈の精神で数ヶ月、数年も高いモチベーションを維持することは、この世に生きている私たちにとって不可能に近いほど難しいことなんです。

 

でも、勉強に対するモチベーションが下がったり、下がる前に『ある対策』を施すことで、モチベーションを維持したり、やる気を取り戻すことが出来るんです。

 

これ(ある対策)は私が警察試験のモチベーションを維持するためにやってきたことであり、そのほとんどは世の実業家たちが実践していることでもあります。

 

この記事があなたのやる気を最大限に引き出せることを願うばかりです。

f:id:yuichi0519:20191109222625j:image

合格したいのに何故勉強のモチベーションが下がるのか?

みんな合格したい思いはあります。やる気もあります。でもそれを維持するのが本当に難しい。

人は色々ないらないことを考えますし、そもそも考えは移り変わっていくように脳が作られているんです。

やる気、モチベーションが落ちる時って

  • 他人と成績を比較してしまう
  • 頑張った割に成績が伸びないことによる劣等感
  • 解くことが出来ない問題に出くわす
  • 自分が受験しようとしている学校や資格、仕事への迷い(やっぱあっちの方が良いかもとか)
  • 苦手な科目だと勉強の仕方すらよく分からない

この他にも色々あると思いますが、こういったことが原因になる場合が多いんです。そんな風に考えるなって言われても、大抵の人は自然と考えちゃうから無理なんですよ。

 

でもね、自分の心をコントロールすることで、モチベーションを下げる考えから早く抜け出したり、そもそもそういった考えに至らなくすることも出来るようになるんです。

 

次の項目からはモチベーションを維持、上げるための、心をコントロールする秘策をお伝えしますね。

 

勉強のモチベーションを維持する秘策

勉強のモチベーションを維持する秘策はいくつもあります。私に効果があったものをお伝えしますね。

f:id:yuichi0519:20191109223312j:image

勉強だけをしないことがモチベーション維持に繋がる

はい、これですよ。勉強ばかりするから逆にモチベーションが下がります。勉強嫌いな人は尚更です。

私は

  • 頑張っている自分にご褒美を上げる
  • スポーツをする
  • バイトをする
  • 1時間〜2時間ごとくらいに15分間横になる
  • 好きな音楽を聴く
  • 友達と遊んだり夢を語り合う

を勉強しながらやってきました。

頑張っている自分にご褒美を上げる

警察試験真っ只中の私自身へのご褒美は『アニメと漫画』だったんです。

もう少し頑張ればあのアニメの時間!、あと2日頑張ればジャンプの発売日!

そんな風に自分を鼓舞していました。

 

アニメとか漫画って、主人公たちが自分よりも強大な敵に打ち勝っていくから、自分にも出来そうという考えや、自信が生じたりするんですよね。そして、何より面白い笑

 

f:id:yuichi0519:20191109223639j:image

スポーツをすることで勉強のモチベーションが上がる

私は隔週でバスケ部の活動をしていました。

また、休みの日は朝と夕に1時間のランニングをしていたのです。

運動をすると嫌なことから考えがそれたり、リラックスする効果があります。

幸せホルモンという『セロトニン』が活発に働くためです。

警察試験の真っ只中にバスケの大会がありましたが、あり得ないくらい両立していましたね。

 

試験勉強の合間にバイトするのも効果的

私はコンビニで朝と夜にバイトしていました。休日は昼間から入ったり、夜勤もしたり、何してんの⁈って思われるくらいです。これに加えて部活もしていた訳です。若いって凄いことなんですね。

バイトもスポーツと同じで勉強から離れることでリフレッシュに繋がります。

 

また、私はただ働いていた訳ではありません。

バイト中、お客さんが来ない時は『単語帳』をひたすら眺めたり、頭の中で覚えた勉強を自問自答して、バイトしながらも勉強をしていたのです。

 

勉強する場所を変えたり、机と睨めっこばかりしないで、頭の中で勉強する(勉強法を変える)というのも勉強モチベーション維持に効果的なんですよ。

f:id:yuichi0519:20191109223929j:image

勉強の合間に横になる

ずっと座っていると腰が痛くなったり、伸びをしたくなったり、ちょっと休みたくなったりしますよね。

私は勉強を1時間〜2時間くらいしては、15分ベッドに横になっていました。タイマーもかけます。

寝ることがとっても好きだったので、ご褒美でもありました。

この時にも漫画みたり、携帯触ったり、とりあえず目をつぶったり…とにかく勉強のことは考えないことにしていましたね。

考えを勉強から引き離すことが大事です。

f:id:yuichi0519:20191109224412j:image

好きな音楽を聴いて心酔する

勉強しながら、「あの音楽聴きたい…」と

思うことないですか?

そんな時は迷わず聴いちゃいましょう。

勉強している時に他のことが頭から離れないというのは『集中力が落ちている証拠』です。

勉強始めて3分くらいしか経ってないのに「あの音楽聴きたい…」っと思うことはかなり稀なはず。

 

考えが違うところに行き始めたら、その方向に向かわせてあげましょう。でも、時間はしっかりと区切ることが大事です。

『この曲を2回、あるいはあの曲とこの曲を一回ずつ聴いたら勉強に戻る』

という風に自分に約束させるんです。

音楽を聴いている間は歌詞とメロディーにスーパー集中して下さい。自分がその歌の主人公になるんです。

 

脳は満足感を得ると一度考えがリセットされて、次の行動に移りやすくなりますよ。

友達と遊んだり夢を語り合うと勉強のモチベーションが上がる

友達、大事にしてますか?

勉強で忙しいから、相手にしないこととかないですか?

『切磋琢磨』という言葉がありますが、同じ志しを持った友達はお互いに良い影響を与え合うことが出来るもの。

 

私は放課後に学校に残って友人と勉強する時間を持ったり、休日も友人の家で遊んだり、ご飯食べたり、勉強に縛られない生活をしていました。これがかなりリフレッシュになってましたね。

 

また、将来像を友人と語り合うことで、自分の将来のビジョンがより明確になります。これがぼやけていると人は力を注ぐことが出来ないんですね。

 

このように、勉強することは大事ですが、勉強の能率を上げるために勉強じゃないことをやることが勉強のやる気をアップさせることをご理解頂けましたか?

私の例を中心に挙げていきましたが、あなたの場合は、また違ったことになると思いますので、私のを参考にしつつ、自分に一番ぴったりなモチベーション維持&アップ法を見いだしてください。

f:id:yuichi0519:20191110142215j:image

勉強する目的を目に入りやすい所に張り出す

人の「思い」というのは常時一定ではないのです。今考えていたことも数分後には考えていませんし、見るもの聞くものに考えが左右されるのが人間の脳です。仕方ないっす。

 

でも、自分の勉強する目的や、将来の夢などを紙に書いて、机の常時見える位置に貼り付ければ、事あるごとにそれを見るので、頭の中から消えにくいんですね。

 

学内テスト順位では人を意識せずに過去の自分を意識する

学内テストって自分の順位が分かったりしますよね。

私が通っていた学校では全員の名前と順位が掲載されていました。100人中10番前後だったので、割と良い方でしたが、トップの人間は不動でしたね。ジェラシー燃やしてたら間違いなく疲れてたでしょう。

f:id:yuichi0519:20191110142540j:image

あなたの目的が『自分よりも成績が良い人間に学内テストで良い結果を出すこと』が目的ならば何も言いません。

しかし、きっと『職業試験や大学受験に受かりたい』から勉強してるのでしょう。

そうであればあなたのライバルは常に"過去の自分"です。

 

過去の自分よりも一点でも多く勝ることを意識しましょう。実力もあなたと同等レベルですし、最大限の力を出させてくれますよ。

 

苦手な科目は勉強するな。得意分野を勉強しろ。

大学受験となると、難しいかもしれないですが、公務員試験などの多数の分野が問題に出される試験の場合、苦手科目はいっそのこと勉強するのをやめましょう。

f:id:yuichi0519:20191110142904j:image

最重要なのは自分の得意分野の構築です。

得意分野の成績をどんどん伸ばして下さい。

得意あるいは、興味のある分野というのは、勉強していても頭に入ってきやすいので、苦手分野よりも勉強効率が上がります。

解けるからさらに勉強もしたくなる。相乗効果を産んでくれます。

 

じゃあ苦手な分野は一切手をつけないの⁈

そういうことではありません。

得意分野の問題が出てきても、自分の志望する試験レベルで8割〜9割くらいの正解を見込めるなら、苦手分野にも手を出しましょう。

その時に大事なのが、

  • 頻出問題を優先的に勉強する
  • 苦手分野の中でも比較的頭に入りやすいものを勉強する

ということです。

各試験や各大学受験により、出題傾向に偏りがあります。それを過去問などから掴まないといけません。

また、苦手分野だとしても、頭に入ってきやすいものがあるはずです。

例えば、私は警察試験の時、『理科』の分野は『生物』以外勉強しませんでした。

得意分野構築後、試験2ヶ月前くらいから『電流、電圧』『酸性、アルカリ性』などの出題されやすく、過去に自分が勉強したことのあるものを勉強し始めました。

 

このように、試験における『穴』を徐々に埋めていくことが必要です。

解けない問題はいつまでも考えるな!すぐ解答を見て、次の勉強だ‼︎

解けない問題をいつまでたっても頭を悩ましながら考えている人がいます。試験勉強においては、これをやめましょう。時間の無駄です。

それより、早く解説を見て、次に同じような問題が出たときに必ず解けるようにする事の方が試験においては重要ですよ。

 

試験勉強ってキリがないほどやることが多いでしょ?でも早く、合格出来る見込みの水準まで、自分を引き上げていかないといけないんです。悩むより早く解き方を知って、少しでも多くの覚えることを脳に入れることが先決なんです。

まとめ

以上が『勉強のやる気が出ない時に"継続して"試してもらいたいモチベーションを上げる方法』でした。

継続こそ命です。今回紹介したようなモチベーションアップ法を継続していると、次第にモチベーションが下がらなくなるんですよ。

 

勉強だってね、習慣化すれば、三度の飯を逃したくないように、勉強したい意欲が湧くようになるんですよ。そういった段階まで持っていくことがこの記事の執着点だと思ってます。

私は警察試験が終わった後、ちょっと寂しい気ななりました。今までやっていた勉強をしなくなったんですから、当然です。

今回のモチベーションアップ法をもう一度簡単に振り返りますね。

  • 自分にご褒美を上げる
  • スポーツを定期的にする
  • 気分転換にバイト
  • 勉強中も定期的に休憩する
  • 好きな音楽を時間を決めて聴き入る
  • 友達と夢を語り合う
  • 目標を常時見える位置に貼り付ける
  • 学内テストでは過去の自分だけを意識する
  • 苦手分野は後回し、得意分野を定期的に勉強する
  • 解けない問題は直ぐに解答解説を見る

これらを実施するにあたって重要なことは『時間管理を徹底する』『自分に合った気分転換をする』『目標の明確化』です。

これらを軸において、自分に最も適したモチベーションアップ法を考えてみるのも良いですね。

実りのある年になることを願っています。

 

 

f:id:yuichi0519:20191111222900j:plain

 もしもあなたがアニメ好きなら、U⁻NEXTの一か月間無料トライアルで息抜きする時間を持っても良いかもしれません。

 U⁻NEXTでは一か月間だけ、登録されている全てのアニメや映画、ドラマなどが無料で見放題なんです。

 

現在放映中のアニメ最新話など一部は除かれますが、「君の名は」やジブリの数々の名作だって金曜ロードショーを待たなくても無料で見れちゃうんです。

同じような動画配信サービスのなかでは最も品揃えが豊富。

 

ただし、お金がかかるので、一か月間の無料トライアル期間が終わるときには必ず解約してくださいね。

すると、さらに1か月後くらいにもう一度無料トライアルのお誘いがきます。

つまり、2か月も無料で見れるわけです。

 

あなたの見たいアニメがあるのか一度公式サイトからチェックしてみるのも良いかもしれません。もちろん公式サイトに入っただけでは登録されたことにならないので安心してください。

くれぐれも動画に溺れることが無いよう、時間を決めてみてくださいね。あなたの勉強やる気アップにつながる程度に楽しんでください。