心とカラダの健康メソッド

仕事や生活の中で溜まる心とカラダのストレスを抜いて、本当の健康を楽しむブログ

増税によるプレミアム付き商品券を使ってみた感想

消費税増税に伴い、プレミアム付き商品券が販売されましたね。

しかし、増税と同時にキャッシュレス決済2ポイント還元なども同時に行われており、色々と困惑したまま、プレミアム付き商品券を購入できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日は私が実際にプレミアム付き商品券を購入し、使用したことによるメリット、デメリットをお伝えしていきたいと思います。

f:id:yuichi0519:20191015223939j:image

プレミアム付き商品券は何故販売されたのか

そもそもプレミアム付き商品券が販売された理由は

  • 消費税増税による一時的な家計負担の軽減
  • 増税による消費低下の抑制

この二点です。

増税となれば、当然、経済的に豊かではない家庭の経済は苦しくなりますし、買い物も控えるようになります。そうなると、スーパーや商店街にとっても宜しく無いですよね。

このマイナス要素を補うためにプレミアム付き商品券が販売されました。

プレミアム付き商品券を購入出来る人は?

プレミアム付き商品券は

  • 住民税非課税者
  • 3歳未満の乳幼児を持つ家庭

が購入出来ます。対象の方、家庭には市区町村から引き換え券が送られてきます。しかし、全ての市区町村が引き換え券を郵送してくれる訳ではないので、案内が来なかった場合は役所に行くのをおすすめします。

住民税非課税者には一人一人に、子育て世帯には3歳未満の乳幼児一人に付き一つ分の購入する権利がもらえます。

プレミアム付き商品券はお得なの?

プレミアム付き商品券はどれくらいお得なのかというと、2万円で2万5千円分の商品券を購入出来るので、5000円のお得。25%還元です。

キャッシュレス決済では2ポイント還元やカードと併用しても5%還元とかなので、対象の方は購入した方が断然お得です。

プレミアム付き商品券は500円の商品券が10枚付いた束となっています。

プレミアム付き商品券の引き換え場所

プレミアム商品券の引き換え場所は各地域によって違います。私の地域は『グルメシティ〇〇店』でした。てっきり役所で引き換えしてくれると思ってましたがね。

引き換え場所は引き換え券の案内に同封されているので、よく読んで下さいね。

プレミアム付き商品券のデメリット

それではここからが本題です。私が実際にプレミアム付き商品券を使ってみたデメリットをお伝えしたいと思います。

プレミアム付き商品券最大のデメリットはお釣りがもらえないこと

なんと言っても、これではないかなと思います。プレミアム付き商品券はお釣りがもらえません。商品券が使えるスーパーで食品を購入した場合を例にしてみます。

 

合計で1924円かかったとすると、

500円の商品券×3枚=1500円+424円の小銭清算、もしくはキャッシュレス決済しなくてはいけません。

 

キャッシュレス決済するつもりがない人は少しでも現金で支払う額を少なくさせたい訳です。

こういうのって、手軽さがとても重要だと思うので、なんだか納得いかないんですよね。

何故、お釣りが出ないのか?

それはおそらく、少しでも購入額を増やさせるためでしょう。

すでに購入している商品券ですから、購入者はなるべく商品券だけで清算したいのです。必要な物が1800円だとしたら、あと200円相当のものを買おうという意識が働くんですね。それで必要ではないものも買ってしまう。

これが政府の企みですよ。多分ね…。

使用可能店舗以外使えない

これもかなりネックですね〜。まぁ、大概のスーパーでは使えるんですが、飲食店では使えないところが多いし、駅前のコンビニで使えると思ったら、近所の全てのコンビニでは使えないとかね。

半月経ってまだ3枚しか使えてないですよ。プレミアム付き商品券は2019年10月1日〜2019年3月31日までの6ヶ月の間に使わないと失効されるので、今のペースだと余っちゃうんですよね。

こう考えると、元々節約を適宜考えながら物を買っている家庭にとっては無駄に買いすぎる傾向があることが分かってきたんです。

ポイント還元を使いこなせない

10月1日からキャッシュレスポイント還元が始まっているのですが、プレミアム付き商品券を使うとポイント還元を最大限に使えないんですよね。

2400円の商品で、キャッシュレス決済してポイントもらうのと、プレミアム商品券使って400円をキャッシュレス決済してポイントもらうのとでは、やはり違ってきますよね。しかもキャッシュレス決済の2ポイントだって期限付きな訳です。何だか、本当に政府のやりたい放題な感じが否めない。でもプレミアム商品券使った方が得なんで、使いますけどね。

無人レジを使えない

最近スーパーやコンビニでも無人レジを置く店舗が増えてきましたね。

しかし、プレミアム付き商品券を使う場合、機械では対応出来ないので、これまた不便。

無人レジには未だに慣れない人が多いので、ほとんど並ばなくて済むんですよね。

一方、有人レジは常に行列が出来てます。あの待ち時間がね。私は嫌いなんです。私の時間はお金には代えられない。

プレミアム付き商品券を出す時に周囲の目が気になる

みんなが貰える訳ではないプレミアム付き商品券。たまたま、小さい子どもがいたんでうちは購入出来ました。

家計が苦しくても対象外の家庭はある訳です。それが頭によぎると、レジで商品券を出すことをちょっとだけ躊躇しちゃいます。ちょっとだけね。

あと、私の場合は私自身が自由に商品券使えるので、「それ、あんただけが食べる弁当だろ!」と言われそうな気がしてならない今日この頃。

プレミアム付き商品券のメリット

お次はプレミアム付き商品券のメリットです。なんだか政府の思うツボみたいな雰囲気漂ってきましたが、真相は如何に⁈

25%還元

プレミアム商品券を購入することで、5000円お得になるのは間違いありません。これは多少政府の思惑があるとしても経済的難がある消費者は乗っかった方が良いです。

あとは無駄にならないお買い物を消費者が心がけるしかありません。

プレミアム付き商品券と店舗カードの併用は可能

商品券分で支払った分をキャッシュレスのポイントに組み込みことは出来ませんが、店舗カードのポイントは加算されます。

私は『イオンのWAONカード』を持っています。近所のダイエーで、プレミアム付き商品券を使ってもWAONポイントが加算されるのです。

ですから、店舗カードを持っている場合、必ずプレミアム付き商品券と店舗カードの両方を提示しましょう。

まとめ

メリットよりもデメリットが多いですが、私が言いたいことは

「プレミアム付き商品券使えねー」

ということではなく、

「デメリットもあるけど、賢く使えばお得だよ!」

ってことです。

確かに、政府がばら撒いた感が否めないプレミアム付き商品券なんですけど、すでにばら撒かれたなら使った方が良いです。

また、キャッシュレス決済のポイントも全く使わない人がいますが、こちらも使った方が良いのは確かです。

もう、増税は覆りません。それならば、今一番適切な生き方をした方が、消費者にとっては良いはずです。政府の意向通りに生きたくないらなば、それも良いでしょう。

しかし、プレミアム付き商品券使ったって、キャッシュレス決済でポイントもらったって、減税を訴えることは出来ます。

今の私たちには賢く生きる知恵が必要だと思います。子どもが出来てからはそう思うようになりました。