心とカラダの健康メソッド

仕事や生活の中で溜まる心とカラダのストレスを抜いて、本当の健康を楽しむブログ

仕事で溜まったストレスをその日のうちに解消する方法

上司からの圧力、うまくいかない人間関係、取引先からのクレーム対応……。

そんな日々を過ごしていたらストレスが溜まって頭がどうにかなってしまいそうですよね?

私たちはストレスが溜まると叫びたくなったり、逆に気が落ち込んでどんよりしたり、様々な心の悪影響を引き起こします。

ストレスを解消するために遊びに出かけることもありますが、それってすぐにできることではありませんよね?ストレスが発生したらその日のうちに解消するのがベストです。

ストレスが発生しても明日を気持ちよくスタートさせるための方法を今回はお伝えしていきたいと思います。

f:id:yuichi0519:20190306231259j:plain

ストレスをその日のうちに解消する6つの方法

友人や恋人に慰めてもらったり、遊びに行くことでストレスを発散させる人も多いですが、それは自分だけでは出来なかったり、時間的にその場所へ行けなかったりするものです。この記事では一人でその日のうちにできてしまうことを7つ紹介します。

シャワーを長めに浴びる

シャワーを浴びることならほとんどの人ができるのではないでしょうか?

ヒーリングスポットとして「滝」が紹介されることがありますが、それは滝からの水しぶきにマイナスイオンが含まれており、それを吸うことでリラックス効果が生まれるためです。

これをお家でも気軽に体感できるのが「シャワー」です。滝と同じくマイナスイオンが発生し、心を穏やかにしてくれます。

特にシャワーを顔に当ててください。本当にすっきりしますよ。

そして、長めに浴びることが大事です。ストレスの要因は考えることなく無心で浴びてください。考えすぎないことが必要ですよ。

適温な暗闇の中で少しだけの音を聞きながら無心になる

私は昼休みになると、解放されたただっ広い部屋で、エアコンや喚起だけのかすかな「ボーッ」という音と暑くも寒くもないノンストレスな環境を作り、「無心」になって椅子に腰かけています。そこには離れたところで同僚が座っていますが誰も会話することはありません。

これ、頭を切り替えるのにかなり有効なんです。

昼休みにできない人はほとんどでしょうから、仕事が終わって家でやってみましょう。

無音はダメです。時計の「カチッ、カチッ」という音はむしろ気になるので、止めるかそれが聞こえない程度のヒーリング音楽なんかも良いでしょう。しかし、私はエアコンくらいの絶え間ない同じトーンの音が一番楽になれます。

そして、ここでも重要なのは「無心」です。とにかく何か考えてはダメです。台無しになりますよ。

何かを集中して行う

これもかなり効果的。敵をバッタバッタと簡単に切り倒せるようなゲームなんかが良いですね。

あとはプラモデル作ったり、絵をかいたり、人によっては手芸とかもありです。

とにかく何かに没頭して集中できるようなものがあればそれをやってみてください。

集中するってことは嫌なことを脳の中で考えないってことです。いったんはあったことを忘れましょう。そして好きなことに没頭するんです。

物を殴ったり投げたりする

家に小型パンチングマシンがあれば良いですね。これが合う人はあらかじめ通販で購入。ぬいぐるみには申し訳ないけど被害者になってもらいますか?

男性は特にこれが分かってしまうんじゃないでしょうか。

人には絶対にやってはいけませんよ。

スポーツで汗を流す

時間に余裕があるならスポーツがおすすめです。

ランニングが苦でないのならば是非やってみてください。体を適度に動かすことで脳内がリフレッシュできます。無料ですしね。

最近ではオフィス街に「ボルダリング」ができる施設があったり、「フットサル」ができたりしますよね。個人でも参加することが可能です。

ジムに通っている人は迷わず活用しましょう。

しかし、やりすぎは禁物。体のどこかに痛みが生じれば元もこうもありません。

辺りを見渡せる高い場所へ行く

夜の街並みを見下ろしたことがありますか?

都心であればサンシャインとかスカイツリーとか?

私は山を削って作られた街に住んでいて、職場もかなり上の方にあります。そこからビルの立ち並ぶオフィス街の明かりや海に面した工場地帯の明かりがとてもきれいに見えるんですね。

今日、仕事であったことが何だかちっぽけに感じられる瞬間です。

人は壮大なものとか、綺麗なもの、神秘的なものを見ると心が穏やかになったり、自分の悩みは小さな事だということに気づいたり、平常心を取り戻すことができます。

近場辺りを見渡せるような場所があれば行ってみてくださいね。

とにかく寝ることを最優先

もう、究極的であり、これができないならその日はストレス発散は諦めてくださいというしかありません。

「寝る」

仕事から帰って何もする気が起こらないならば迷わず、着替えることもせず、寝てください。

睡眠で疲れた体と脳を休ませることが超重要です。また、夜は右脳が働きやすいですが、右脳は感情と作用するので悪いことはいつまでもグルグルと考えてしまします。

一方、朝は論理的に物事を考えやすい左脳が働きます。昨日の間違えを的確に判断するにも朝に考えた方が良いのです。

ストレスを発散するキーは脳の切り替えにあり

これまでの発散法に共通していることが何かおわかりでしょうか?

それは”脳の切り替え”です。

人は悪いこと、失敗したことを頭の中でなんどもグルグル考え続けてしまうのです。そして、それがストレスになってします。

問題を一刻も早く解決するためにもまずは脳をすっきりさせないといけないんですね。

だから、「無心」になったり、何かに夢中になってあったことを「忘れる」という行為を意図的にでも作り上げることが必要なんです。

この「脳を切り替える」という法則さえ分かっていれば、どんな方法でもストレス発散法になるんです。いろいろな方法を試して、あなただけの一番のストレス解消法を編み出してくださいね。

まとめ

以上、すぐにできる7つのストレス発散法とストレス発散の共通点についてお話しました。

今回は一人でも一日のうちにできるストレス発散法をお伝えしましたが、休日などを使えば一日かけてリフレッシュすることだってできます。

人は一人で生きていくのは困難な生き物です。心がありますから。

友達や恋人、家族など気の合う人たちと休日は過ごして、仕事のことは極力考えないようにする。そういったメリハリのある日々を過ごした方が結局は良いものを生み出すことにも繋がるものです。

良い一日一日を過ごしてくださいね。