心とカラダの健康メソッド

心身の健康、毎日楽しい日々を過ごすために食生活や元気になる言葉、人間科学・医学要素も取り入れた記事を載せていきます。

自分探しの旅には意味がない 自分を見つめ直す所から始めよう

大学生になると「自分探しの旅に行ってくる」と、友人や恋人に格好良く言って旅に出る人、いませんか?私の友人はインドに行ってました。だいたい人気があるのは「貧しい地域」「宗教が盛んな地域」だったりします。つまり、「日本に無いもの、体験できないこと」がありそうな地域ということです。

今、自分探しの旅を考えている人によく考えてもらいたいのは、「自分は自分の外にいるものなの?」ということです。

確かに、世界の実情を知って、それに関わる仕事に就きたいとか、他国の文化や思想、習慣などを自分に取り入れたい、学びたいというのに「旅」という選択肢があって良いとは思います。(自分探し=将来何をしたいか、どういう職業に就きたいかという風に捉えている場合は、また別の話になります。)

しかし、自分は他でも無い自分にしかないのだから、自分をしっかりと見つめ直すことを繰り返すことでしか自分を見つけることはできないのではないでしょうか。

f:id:yuichi0519:20190223231916j:plain

大学生になるとなぜ「自分探しの旅」をしたくなるのか

大学生になると自由な時間が溢れている!から旅に出るんだと思いますが、もっと根本的には

自分探しをしないと就活で不利になる

というのが一つ問題としてあるのではないでしょうか。これについて書いてある記事があるので覗いてみてくださいね!

goldlife.hateblo.jp

自分探しの旅はメディアやマンガの影響ではないか

自分探しの旅に出た元スポーツ選手がいました。メディアでも取り上げられ、私もそれを見ていましたが、確実に「自分探し」ではなかったです。

様々な人とスポーツを通して交流しながらその国や土地の実情を知り、交友関係を深めていく。そして始めたことは地域物産品の紹介業でした。

これ、自分探しではなく、「自分が新しくやりたいことを見つけるための旅」じゃないですか?それなら納得行くんです。

また、マンガなどでも、自分の人生に行き惑ったキャラが自分探しの旅に出ることが散見されます。そして、色んな人との出会いと出来事があって、「そうだ!自分に足りなかったのはこれだったんだ‼︎」と、気付いて仲間たちの元へ戻ってくるのです。

マンガに影響されることはあって良いと思います。しかし、マンガのようなドンピシャな出会いはこの世の中において偶発的には起こらないのが一般的なんです。進研ゼミはそれを教えてくれました。

旅をすることで得られること

確かに旅をすることで得られるものはあります。

他国の文化風習、実情を知ることで自分に出来ることはないかと考えるに至ることはあります。でも、日本で起こっていることに目を向けたんでしょうか?日本にも生きることに苦しんでる人たちは沢山いますし、社会問題は尽きることがないですよね?

今まで生きてきた中で海外に興味があったり、日本以外の国を見て、自分に新たなエッセンスを導入したいなら海外へ旅に出てみてはいかがでしょうか?

将来就きたい仕事を考えるならば、旅じゃなくて良い

将来就きたい仕事を考えるなら、旅よりも企業研究やOB訪問が先に来るべきだと思います。その方がドンピシャです。

何か漠然としたものを行うよりもある程度的を絞った行いの方が効果的です

もし、あらゆる企業を見て、何百、何千という職種の人から話を聞いたけど、やりたいことが見つからないというなら、旅に出て下さい。

というのは言いません。早く自分を探しましょうよ!

自分探しは今までの自分を振り返ることで見つけることができる

「やりたい仕事に出会えない」というのは自分が何が好きで、何が得意かを知らないってことです。

これまでの生活で楽しかったことは何ですか?得意なことは何だったんですか?共感した出来事は?具体的になかったら抽象的な事でも良い。その時の場面を思い出して下さい。きっと繋がりが見えてきます。そして、気付きませんか?自分が見えてきたことに…。

 

自分探しって、これまでの自分の人生を詳細に振り返ることなんです!自分が何者で、どういう性格で何を好み、何が嫌いで、どういう時に心が熱くなったり冷めたりするのか、様々な自分が過去に詰まっているんです(✴︎ここで言っているのは自分の生きている理由何かとは違います)

このプロセスが「自分探し」です。社会に出る前に必ずやらなければならないのが自己分析ですが、=「自分探し」な訳です。

まとめ

「自分探しの旅」とは海外旅行ではなく、「自分の過去を振り返る旅」に出ることです。メディアやマンガの雰囲気や格好良さに惑わされてはいけません。

私は学生さんと会うことが多いので、少しでも多くの学生が楽しい人生を歩めるようにこの記事が参考になればと思います。