心とカラダの健康メソッド

心身の健康、毎日楽しい日々を過ごすために食生活や元気になる言葉、人間科学・医学要素も取り入れた記事を載せていきます。

添い寝も仕事に 人間は愛情がないと生きていけない

月額添い寝サービス「rainy」本格提供開始! 30分2500円で利用可能、キャストの安全は「心拍数計測」「録音」で確保 | キャリコネニュース

 

「添い寝」を仕事にする。アダルト系の話ではありません。こういう話を聞くと「仕事も多様化」が本当に進んでいるなぁ、と実感するものです。もう、何が仕事になるか分からない。

 

以前、欧米でも似たようなことが記事で紹介されていました。複数の男女でスキンシップや添い寝をしたりする。一見、間違いなくトラブルが起きるだろう!と、感じますが、不思議と起こらない。

利用者の大半は仕事、生活などで問題を抱えている人達でした。世の中の冷たい風、大事な人を失ったことによる悲しみ…。

それらを優しい言葉をかけ合いながら、互いを認め合い、心の痛みを消してゆく。愛情が溢れる場所に人間は身を寄せたい生き物なのかもしれません。

 

子どもが自分の布団に寝ていたと思ったら、急に立ち上がって、私の隣で寝ていたりします(笑)

子どもって人間の本来持っているものを兼ね備えている存在だと思います。

つまり、人間は愛情があってこそ生きることが出来るということではないでしょうか。

 私は子どもに笑顔で接することを心がけていますが、それによって周囲の人にも良い影響を与えることができているエピソードを書いています。

goldlife.hateblo.jp

鳴らない電話、経験したことありますか?私も一時期ありました。あまりにも鳴らないから、何のために持っているのか疑問に思うこともありました。

付き合う異性もいなければ、連絡を取り合う友達もいない。何かしら行動に移せば世界は変わっていくのに、自分からは動けない。待てど暮らせど、電話は鳴らない…。あれほど退屈で、つまらない人生はなかったなぁ。

 

愛情の中に身を投じている時、生きている実感がします。

やりたいことが叶うとき、生き甲斐を感じます。

そういう時は頑張ることなんてしなくても、自然と心が向くし、体が動くんです。それを作るのは自分なんです。