心とカラダの健康メソッド

心身の健康、毎日楽しい日々を過ごすために食生活や元気になる言葉、人間科学・医学要素も取り入れた記事を載せていきます。

整体師で治せない足の痛みを自分で治せた

つい最近、左足腿の付け根を動かすと痛い痛い病にかかりました。原因は不明…。

寝ている時に寝返りをすると「ズキッ」と痛むんです。あとは股関節を回すときかな。ということで、通い詰めの整体院で見てもらうことにしました。

今通っている整体院でのエピソードも踏まえながら、私がどのように痛みを取り除けたかお話ししたいと思います!

f:id:yuichi0519:20190205215658j:plain

 

 

今までになかった整体院…なんだけど

この整体院の売りは「電気を流して筋力をつけるトレーニング機器」があること。

人間の身体に不調がくる原因はほとんどが「姿勢」。これを維持しているのが、「腹筋」や「背筋」な訳です。これらの筋力を高めて(ここでは、インナーマッスルのことを言ってます)、姿勢を改善し、痛みを根本から改善しましょう!

という謳い文句に魅せられて、かれこれ半年以上通っています。

これまで整体、カイロ、針治療など、様々通ってきました。しかし、治療した翌日や仕事を1日経過したら、元に戻っちゃうんですよね涙。

残念ながら、私の身体を完全に治してくれる所はありませんでした。だから、「筋力をつけて治す」という今までにない所に惹かれたんですよね。

でもですよ、確かにお腹は引き締まりましたし、筋力は付いたんだけど、身体の不調は至る所に存在していて、今までとあまり変わらないような…。

 

若いからと言って侮れない

話が飛んでしまいましたが、足の痛みを治しに行ってきました。

最近、院長が辞めた整体チェーン。院長になったばかりの若造(20代半ば)が「あー、よくあるやつですねぇ」と、さぞかし『自分はよくこの手の症状を持つ患者を治療したことがあるよ』的に応えてくれました。

どういった時に痛みが出るのかを把握した後、左股関節へ向けたアプローチをしていきます。股関節を回したり、指圧、足を上に上げた状態で股関節を押し突いてみたり…。

 

若造「今、痛みはどうですか?」

 

私「うん、確かにさっきよりは取れた気がするけど、まだ痛いかな」

 

若造「一回じゃなかなか取れないかもですね。今度は隙間を短くして来院して下さい、じゃトレーニング(さっき紹介してたやつ)に移りましょう!」

 

私「はいっ(えっ、もー終わりなんだぁ。もう少し粘って欲しいんだけど…)」

 

ここの整体院はよくも悪くも時間通りなんです。痛い箇所へのアプローチだけで終わらせる場所もありますがね。でも、この若くして院長になった若造は、そこそこの腕前だと思っています。

最近の整体チェーンは若手が多く、マッサージは若手、矯正などはベテランという大まかな役割があります。話し方が初心者丸出しの若手がマッサージをすると、大概、痛みの核心部位に指圧が届かず、「やっぱりか…」と残念な思いになります。でも、そんな時、

「自分も若手の時はこう思われてたんだろうな。誰かの体で施術しないと上手くならないし、若手の育成に貢献してあげるか」

という気持ちになるので、クレームは言ったことがありません。

 

他の整体院ですが、22歳の女性が私の担当をしてくれたことがあります。経験の浅い、しかも力では男性に劣る女性、しかもちびっこが、この重度の身体を治せるのか⁈と。

しかし、一度マッサージをしてもらうと、私の痛い身体の奥底にピンポイントで圧がかかってくるのです。完全に舐めてました…。この女性の実力はそこの院長と同等程度。院長も20代後半なのですが、若くてスキルがあるなと感心しました。

未知なる症状と遭遇しない限り、整体はスキルが重要だと思います。経験はその次かな。

 

整体師が治さないから自分で治した

えー、だいぶ脱線した感が自分でも強いですが、戻ってこれました!というか強引に戻します。

若造が治せなかったから、自分で治せないかと、試行錯誤していた所、

「あれ⁈痛くない…」

やばい、まさかの整体師超え⁈

確かに色々な整体院に通い、色々な施術を体験してきましたが、整体師で治せない痛みを自分で取ってしまうとは…自分でも驚きました。

 

でもね、若造のフォローじゃないけど、人の身体の痛い部分って、正確には分かりづらいし、時間制限もある中で完全に痛み取るのは本当に難しいことですよ。

 

私はかれこれ1時間近くマッサージやストレッチをしていました。

私の痛い部位は左足腿の付け根、股関節の辺りです。今まで多くの整体院に通ってきて効果的だと分かっている治療は 

 

  • 身体の痛い部分だけでなく、そこに繋がる部分へのアプローチもする(股関節が痛いなら膝や臀部、腰、首、肩。また、足の内側が痛いなら外側にもアプローチをかける)
  • 痛みの部分+そこに繋がる部位も同時にマッサージする
  • 押してだめならつねってみろ、筋膜治療

 

特に今回有効だと感じたのはハムストリング(腿裏)と外側からのアプローチでした。さらに痛みのある部分も指圧したり、そして徐々に股関節の可動域を広げていく。すると、痛みが引いてきたのです。

 

自分でやると強く押せなかったり、届かない部位があるのですが、下半身に痛みがある場合、自分でも治療出来るので助かりますよね。

 

でもやっぱり身体の不調は専門家に診てもらおう!

自分で治せちゃうんなら、整体通う意味ないじゃないって思いますよね?これまでも何度か思いました。整体行っても完全に治らないし、高いお金だ、自分である程度治せるなら通わなくて良いかなと。

 

ただ、これまでたくさん通ってきたことで知識やコツが分かってきたことだし、そもそも背中周りは手が届かない。痛みの深いところには圧が届かないなどの問題もありますよね。

 

だから、やっぱり体が不調な時は整体やカイロなど自分の体に適した治療院を見つける必要があると思います。また、病院で治せるなら、それに越したことはないです。

疲れは溜め込まず、あなたを大事に使っていきましょう!