心とカラダの健康メソッド

心身の健康、毎日楽しい日々を過ごすために食生活や元気になる言葉、人間科学・医学要素も取り入れた記事を載せていきます。

AIの導入で仕事がなくなる⁈むしろ発展のチャンス

AI(人口知能)によって多くの仕事は無くなっていくと言われています。ある企業ではAIの導入が決まり、社内からは「私たちの仕事を取るな!」と、反対の声が上がるなど、不安にかられる人も多いのではないでしょうか?

しかし、「AIの進出」という時代の流れには逆らえないと思います。それだけの社会的ニーズがAIにはあります。だから、AIを無くすより、共存する方法を考えなくてはいけません。

 

f:id:yuichi0519:20190125213545j:plain

 

AIに任せられない仕事

AIが得意とするのは「人を介さなくてもできる仕事」です。事務作業やパソコンだけでできるような仕事などはその典型と言えると思います。こういう仕事は雇用が少なくなるのは予想できます。

では身近なところで、スーパーはどうでしょう。スーパーのレジなどにも最近では導入されていますね。しかし、未だに人を介するレジの方に列が出来ています。消費者が慣れるのにはもう少し時間がかかりそうです。

また、何か機械にトラブルがあったり、使い方が分からない場合は「人」の存在が必要です。

AIの場合、一人一人の問題を事細かに聞いて解決するのは難しいので、人が近くにいないといけません。

商品を陳列することなども人がやれることではないでしょうか。

営業で考えてみましょう。確かにAIで済む場合もあるとは思いますが、全ての顧客ニーズに応える営業は、やはり人間が得意とするのではないでしょうか?営業マンの人柄、信頼性を見て、取り引きを決める場合も多いと思います。「痒いところに手が届く」ではないですが、細かな対応はやはり人間に軍配が上がりそうです。

また、全ての分野で、「顧客ニーズを考えるのは人間」、「顧客ニーズに応えるのはAI」という図式が出来上がるのではないでしょうか。

 

人材のプロフェショナル化も必要

AIが必要な場面だとしてもスキルがずば抜けて高い人は残ると思います。そのためには知識と経験も豊富でないといけません。

自分で勉強をし、仕事を取りに行く意識が必要とされてきます。

これからは、社内の一般的な仕事をこなすだけでは難しいのかもしれません。

 

AIの導入は新たなビジネスの第一歩と考える

AIがまず手掛けることは単純作業です。多くの企業が作業効率を考えての導入に踏み切るでしょう。そのために、私たちの仕事は減ります。しかし、そこでとやかく言うよりかは、新たなビジネスの構想や、今まで忙しくて出来なかったことに手をつけることが大事なのではないでしょうか。

会社が発展するには、常に新しい「アイデア」が必要です。それを私たちがやるのです。

企業が発展するにはどうしたら良いか。顧客ニーズはどういったところにあるのか。私たちが働きやすくするためにはどうしたら良いのか。これまでの単純作業は仕事と考えず、創意工夫面での仕事を充実させると考える方が、企業にとっても自分にとっても新たな道を切り開くことになると思います。

 

私の会社でもAIではないですが、作業効率化が図られ、今までやっていた作業を業者委託する形になりました。仕事が減り、時間に余裕が出来たのですが、その分、顧客満足度を上げるための施策を練る会議が増えました。

仕事が減ったというより、正確には、仕事内容が変わったのです。AIの導入も同じようなことが言えると思います。

 

AIの導入は好機だと考え、会社と自分の新たな発展に期待してみませんか?